ひょんなとこから、子供向けに昆虫を作って欲しいという要望がありました。(短納期!)

最近は製作から遠ざかっておりましたが、昆虫の名前を聞いて

インスピレーションが浮かび、思わず作りたいと思ってしまいました。笑

小さい頃から、よく見つけては遊んだダンゴムシ。

この虫の特徴と言えば、もちろん、「丸まる」ですよね!!

思いついたらチャレンジしなくては気がすみません!

ということで、例のごとくイメージだけで製作に取り掛かります。

 

<表皮の作成>

とりあえず、手のひらに乗るくらいがいいので、甲羅にあたる表皮を手ごろなサイズにカット。

段ゴ虫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

段ゴ虫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これを丸めるので、切れ込みを入れます。

段ゴ虫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

丸めて「のり」でくっつけます。

こののりというのは、「ペーパキレイ」というのりで、久々に使って改めてすごいと思いました。(メーカーの回し者ではありません。笑)

こういった厚紙は、のりだとすぐに剥がれてしまいがちですが、かるく塗ってから引っ付けて、

5秒くらい抑えているだけで、すぐにくっつきます。

※ちなみに「ペーパーキレイ」でコニシで調べればアマゾンですぐにでてきます。187円/個です。

段ゴ虫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

甲羅を並べてみたところ(下写真)。

いい感じに並べたら、甲羅間のピッチを計って、それを1ピッチとしてリンク機構を作成します。IMG_1184

段ゴ虫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リンク機構です。

参考までに1ピッチは20mmとしました。ヒンジピンには爪楊枝を用いています。

あと、強度を増すためにリンクの紙の穴の部分には、セロテープが1周巻いてあり、

引っ張ってもビリっと破れないようになっています。

段ゴ虫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リンクの紙は1枚2枚だと強度がないので、4枚重ねにしました。

また甲羅を取り付ける面もついでに伸ばしました。

段ゴ虫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リンク機構を曲げたところ。

あ、ちなみに、一見、頭に見える左の丸い部分は、最後にはお尻の部分になります。笑

段ゴ虫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上からみたところ。

段ゴ虫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほぼ出来上がりです。

今回は短納期ということもあり、

また子供たちが遊ぶということで、捥げ易い脚の部分は省きました。

ダンゴムシ、紙工作、段ゴ虫、工作、ダンゴ、虫

色を塗って、光沢のあるニスを塗ると完成です。

(今になって思うと、眼がないのが寂しいですが。。)

ダンゴムシ、紙工作、段ゴ虫、工作、ダンゴ、虫、丸まる、丸い

丸めたところ。

ダンゴムシ、紙工作、段ゴ虫、工作、ダンゴ、虫、丸まる、丸い

時間の割りになかなか良いクオリティになりました。笑

なにより動くのがやっぱり楽しいですね^^

ダンゴムシ、紙工作、段ゴ虫、工作、ダンゴ、虫

気持ち悪いですが、、裏側です。。

なんか、本物もこんな感じだったような。。。(食事中の方、すみません)

ダンゴムシ(背面)、紙工作、段ゴ虫、工作、ダンゴ、虫

ダンゴムシでした。

見ていただいてありがとうございます。

依頼のして頂いた方、ありがとうございます。

(と思いきや、すでに昆虫第二弾の依頼があるそうです。。。)

またみてね☆