漫画のBlack catに出てくる主人公が使う銃(ハーディス)です。

この銃の特徴は、3つあります。

1.弾が籠められる

写真のように銃身が開く構造になっていて(漫画もこうなっている)そこから弾が籠められるようになっています。

これは、私の紙工作の原点にある「あそび心」という気持ちからきています。

飾って見るだけより、できれば遊んで楽しむことを大切にしています。

ハーディス 紙工作

ハーディス 紙工作 銃 ダンボール リボルバー

2.本物くらいの重さ

実は、これは紙工作と言いつつも内部には合計5個の重りが入っていまして、モデルガン並みの重さになっています。

仕込んだ場所は、グリップの部分と銃身の先端の部分。

この重量感も遊ぶ上では大切な要素になりますよね!?

ハーディス 紙工作 銃 ダンボール リボルバー

ハーディス 紙工作 銃 ダンボール リボルバー

3.頑丈な銃身

漫画では、ハーディスと呼ばれるこの銃は、オリハルコン製で全く傷が付かないので、、

この紙工作もそうあるべきだと考えました。

そこで、人生初の厚紙の積層構造を思いつきました。

これが思いの外、時間がかかるんです。

たとえば、グリップの半分だけで3時間かかったのを覚えています。

でも、この積層構造による強度UPのおかげで、弾を籠めるというからくりを仕込むことができました。

ハーディス 紙工作 銃 ダンボール リボルバー

グリップ部分の表面に100円均一で買ってきたコルク(両面テープ付き)をあしらって完成です。

ハーディス 紙工作 銃 ダンボール リボルバー

ハーディス 紙工作 銃 ダンボール リボルバー

製作時間:20時間